JBL70周年モデル「4312SE」を発表--3ウェイスタジオモニタースピーカ

CNET Japan 2016年11月16日(水)18時51分配信

 ハーマンインターナショナルは11月16日、JBLブランドの創立70周年を記念したスペシャルエディションモデル「4312SE」を発表した。3ウェイスタジオモニタースピーカになる。発売は12月下旬。税別価格はペアで26万円になる。

 低域ユニットは、上位機「4429」と同じ300mmウーファを搭載し、力強く解像感のある高音質再生を実現。ミッドレンジには125mmのパルプコーン・ミッドレンジ、トゥイータには25mmのAl-Mg合金ドームツィータを採用する。

 「4310」や「4311」では、ウーファのフルレンジ接続でモニタースピーカの音質に近づけていたが、4312SEでは、ウーファにローパスフィルタを追加したピュアな3ウェイのネットワークを新設計。ウーファとミッドレンジとのクロスオーバー周波数を人の聴感エリアより低い周波数帯域にすることで、位相の変化による違和感を低減した。

 サイズは高さ597mm×幅362mm×奥行き298mmで、重量約25.2kg。周波数特性は44Hz~40kHzになる。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月16日(水)18時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】