サムスン、次世代SMSに向けRCS技術のNewNet Canadaを買収

CNET Japan 11月17日(木)11時05分配信

 サムスンはカナダで現地時間11月15日、リッチコミュニケーションサービス(RCS)を手がける加NewNet Communication Technologies (Canada), Inc.("NewNet Canada")の買収を発表した。同社はSamsung Electronics Canadaの完全子会社となるが、今後も独立して運営される。

 RCSは事実上、次世代のSMSテキストメッセージの標準規格となっている。RCSを利用すれば、標準的なテキストメッセージに、Facebookの「Messenger」やAppleの「iMessage」、「WhatsApp」といったチャットアプリと同様の機能を持たせることができる。しかもこの新しい規格は、携帯電話にすでに搭載されているシンプルなSMSサービスでも同じような機能を実現する。サムスンによれば、RCSに対応したデバイスでも、SMSのみに対応したデバイスでも、ユーザーはあらゆるネットワークでコミュニケーションできるようになるという。

 また、RCSはシンプルなテキストメッセージにも新しい機能を追加する。例えば、相手が返信メッセージを入力中であることが表示されたり、受け手がメッセージを読んだことが通知されたりするようになるのだ。さらに、グループメッセージの機能が強化され、チャットに他の人を追加したり削除したりできるようになる。高解像度の写真など、大容量のファイルの共有や送付も簡単に可能になる。

 米CNETは今回の買収についてサムスンにコメントを求めたが、回答は得られていない。同社はプレスリリースで、「今回の買収はサムスンだけでなく、通信業界にとって非常に大きな意味を持つものだ」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月17日(木)11時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】