充電不要というスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」--体温で発電して作動

CNET Japan 2016年11月17日(木)12時30分配信

  スマートウォッチは便利なのだが、バッテリ駆動時間の短さがネックだ。安心して日中使うためには、ほぼ毎晩充電することになる。大した手間でないとはいえ、煩わしい作業だ。

 そこで、充電や電池交換が不要という、体温で発電するスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

 PowerWatchは、体温の熱エネルギーを熱電素子で電気エネルギーに変換して動くスマートウォッチ。自ら発電して作動するため、バッテリを充電する必要がない。腕から外して熱エネルギーが得られなくなると、スリープモードに入り、再び装着すると動き出す。

 スマートフォンと同期し、時刻やタイムゾーンを自動調整する。対応アプリからフェイス<4295>のデザインを変えることも可能。

 スマートウォッチとしての機能は限定的で、アクティビティトラッカーのように、消費カロリー、活動量、歩数、睡眠状態などを計測する。特に消費カロリーは、体温から算出するので精度が高いという。また、「Apple Healthkit」「Google Fit」に対応している。

 Indiegogoでの目標金額は10万ドル。記事執筆時点(日本時間11月16日16時)でキャンペーン期間は2カ月残っているが、すでに目標の2倍を超える約23万ドルの資金を集めている。

出典:Indiegogo
CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月17日(木)12時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。