iFixit、Touch Bar搭載の13インチ「MacBook Pro」を分解--修理は困難

CNET Japan 2016年11月17日(木)09時59分配信

 Appleは10月、「MacBook Pro」を刷新し、ファンクションキーに代わる「Touch Bar」と呼ばれる新しいインターフェースを採用することで、よりクリエイティブなキーボード機能を実装した。しかし、iFixitのレポートによると、その変更には高い代償が伴っているという。

 iFixitがTouch Barを搭載する13インチのMacBook Proを分解したところ、簡単に交換できる部品がほとんどなく、これまでにも増して修理が難しいことが分かった。バッテリを取り出したり、MacBookのメモリをアップグレードしたりする必要が生じないことを望む。どちらも所定の位置にはんだ付けまたは接着されているためだ。

 奇妙なことに、iFixitは、同製品上のスピーカーグリルがただの飾りである可能性が高いとも報告している。スピーカーは実際にはその奥になく、両端の排気口から音が出力されているとみられるという(編集部注:iFixitはのちに記事をアップデートし、「スピーカーの穴のほとんどは飾りだが、ツイーターを取り出したところ、一部の穴はMacの内部から音を通り抜けさせるための貫通孔であることが分かった」と述べている)。

 Touch Barそのものについては、iFixitはこれを、「破損しても、交換の難しい2つめの画面」だと表現している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月17日(木)09時59分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】