アイロボット、日本における総代理店「セールス・オンデマンド」の販売事業を買収へ

CNET Japan 2016年11月22日(火)12時44分配信

 アイロボットとアイロボットの日本総代理店であるセールス・オンデマンドは11月21日、アイロボット製品の販売事業をアイロボットが買収することで合意したと発表した。この買収は2017年4月に完了する予定という。

 米国アイロボット(iRobot)はロボット掃除機「ルンバ」などで知られる家庭用ロボット製品を手がける。セールス・オンデマンドは、2004年からアイロボットの日本における総代理店として販売を手がけてきた。今後は、今までの経験と知識を活かして、日本市場における他の事業の発展および拡大をより加速させることに注力するとしている。

 セールス・オンデマンド 代表取締役社長の室﨑肇氏は、「アイロボット事業の売却により、ブルーエア総代理店やその他の事業にリソースを投資し集中させることで、今後のビジネスの拡大を加速できる」とコメントしている。なお、室崎氏は、アイロボットへの事業移行期間中は、アイロボットのコンサルタントとしても従事する。

 日本はアイロボットにとって、北米につぐ最大の市場であり、戦略的に重要な国と位置付ける。買収完了後、日本法人には新社長が就任し、アイロボット本社のCOO、クリスチャン・セルダ(Christian Cerda)直轄のもと、日本におけるすべての営業活動の責任者となるとしている。

 アイロボットの会長兼CEOであるコリン・アングル氏は、「これまでは、総代理店を通して、日本におけるプレゼンスとブランド力を確立してきた。今回の事業の統合は、消費者向けテクノロジ企業の世界的リーダーとしての戦略的なステップ。今回の統合により、アイロボットは激化する日本の掃除ロボット市場への対応力を高め、引き続き市場のリーダーとしてのポジションを確立できると信じている。また、セールス・オンデマンドの当社担当社員がアイロボット社の一員となることを嬉しく思う」とコメントしている。

 アイロボットは、買収当日の為替レートにより変動するが、棚卸など買収資産の買収当日の簿価(1400万~1600万ドル相当)で買収する予定だ。この買収によって、2017年に約2000万~2500万ドルの収益増大が見込めるとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月22日(火)12時44分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】