支払いまでスマホで完結--米国で広がる個人間オンライン中古車売買サービス

CNET Japan 2016年11月24日(木)10時00分配信

 米国では(ニューヨーク市など一部の地域を除き)自動車は生活必需品のため、誰もが一生のうち何度も自動車の売買を経験する。ディーラーでの自動車購入は、新車にしろ中古車にしろ、強引なセールスや価格交渉に辟易する人が多い。

 そうしたディーラー(中間業者)を抜いて、ネットを使って新たなビジネスモデルを構築しようという試みはWeb1.0の時代からあったが、オンラインで購入まで完結する仕組みは現れなかった。

 しかし、最近、新車市場の倍の規模(年4000万ドル)であるという中古車市場を狙って、ネットで中古車売買をするスタートアップが次々に現れている。どこも、ディーラーより低価格で買えるというのがセールスポイントのひとつだ。

 買い手は購入した車を巨大な自動車自動販売機(自動駐車場)で受け取るというCarvanaは日本でも注目を浴びたが、同社では中古車を主に競売やリース会社、レンタカー会社などから調達している。Carlypsoは卸オークションで中古車を見つけ、買い手を見つけてから買い取るというビジネスモデルで、買い手のための自動車調達サービスといえる。

代金支払いまでスマホで完結

 一方、米国では個人がネット掲示板などを通じてマイカーを売買するのは昔から浸透しているが、欠陥車をつかまされないかという懸念がつねに付きまとうし、面倒である。

 そうした個人間(P2P)の中古車売買を仲介し、売買までネットで完結するサービスも登場している。たとえば、Beepiではモバイルアプリを使ってスマホで代金支払いまで可能である。

 購入前に試乗はできないが、購入者は同社の整備工による240項目車両点検レポートをオンラインで閲覧でき、車を受け取った後、試乗して満足であれば売買契約書を交わす仕組みだ。

 その後10日間(または走行距離1000マイル以下までの間)、気に入らなければ無条件で返品できる。ただし返品率は3%以下という。

 なお、支払方法はクレジットカード、Apple Pay、BitPay(ビットコイン)などでも可能で、オンラインで自動車ローンを申し込んだり、リース契約することも可能だ。

 購入サイドは240項目点検に合格したものだけを買い取っており、ディーラーからの正式な下取り価格より1000ドル増の買い取り価格を保証している。平均10日ほどで買い手がつくそうだが、30日経っても売れない場合、Beepiが事前に合意した価格での買い取りを保証している。

 そのため、扱うのは6年落ちまで、走行距離6万マイル未満の比較的新しい中古車に限っている。ただし、Beepiは今秋から卸売も開始し、個人の売主から買い取り条件に満たない中古車も買い取ってオークションでディーラーなどに販売する。

 競合のShiftでは、購入前に試乗ができるが、買い取りは行っておらず仲介に徹している。Vroomでは中古車を買い取り整備してから販売しており、各社ビジネスモデルは少しずつ異なる。

 乱立気味の感はあるが、米国では年に4500万台ほどの中古車が販売され、最大の中古車ディーラーでも販売数は年50万台ほどであり、まだまだ新規参入の余地がある。既存ディーラーも市場シェア死守のためサービスのデジタル化を進めているが、新規参入組も既存ディーラーとも売買して提携関係を築いており、今後、どのような市場展開になるのか楽しみである。

有元美津世(ありもと みつよ)
大学卒業後、日米企業勤務を経て渡米。MBA取得後、独立。16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。現在は投資家。在米30年の後、東南アジアを中心にノマド生活。
著書に、ロングセラーの『英文履歴書の書き方』『面接の英語』(ジャパンタイムズ)の他、『ロジカルイングリッシュ』(ダイヤモンド)、『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(ジャパンタイムズ)、『図解米国のソーシャルメディア・ビジネスのしくみ』(あさ出版)など30冊。
新面接の英語
英文履歴書の書き方Ver.3.0
米国ンソーシャルメディア・ビジネスのしくみ
英語でソーシャルメディア!
ロジカルイングリッシュ
Twitter

@getglobal(日本語) @TweetinEng(英語)

Google+ Page
・有元美津世  http://plusya.com/ArimotoMitsuyo(日本語)
・英語でソーシャル!  http://goo.gl/Zu0T6
CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月24日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。