グーグル、「Google Cast」を「Chromecast built-in」に改称

CNET Japan 11月24日(木)10時33分配信

 メディアストリーミング技術「Google Cast」は今後も存続するが、またしても名称が変更されそうだ。

 米国時間11月22日、GoogleはTwitterのハンドル名の変更という遠回しな方法で、Google Castを「Chromecast built-in」に改称することを示唆していた。

 同社はGoogle Castの名称に関して迷走してきた。直近では、スマートスピーカー「Google Home」の発売に伴い、Google CastアプリをGoogle Homeに改称している。

 「当社はGoogle Castを『Chromecast built-in』に改称し、ユーザーが親しみ評価するようになったこの技術であることを分かりやすくする」とGoogleの広報担当者は述べた。「新しいブランディングは2017年に正式に開始するため、当面はゆっくりと展開されていくことになる」(Google)

 今後は、Google CastではなくChromecast built-in(Chromecast内蔵)を謳う製品が多数登場するはずだ。

 ただし名称は変わったものの、これまでと同じテクノロジだと思われる。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月24日(木)10時33分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】