Outlook.comにアクセスできない不具合が解消

CNET Japan 2016年11月25日(金)11時04分配信

 Microsoftは、この1週間Outlook.comで生じていた不具合を解消したことを、ステータスページで明らかにした。

 原因不明のバグのせいで、一部のOutlook.comユーザーは米国時間11月17日以降、アプリやスマートフォンからアクセスやアカウントの同期ができなくなっていた。Microsoftは問題が発生してから6日後の23日に、修正中なので、近いうちに接続の問題が解決するはずだと発表していた。

 Microsoftの「Office 365」のステータスページは、「すべてが起動して実行されています」となっている。

 モバイル端末でアカウントの同期がまだできないユーザーに対して、Microsoftは、ウェブブラウザでOutlookにログインすることを推奨していた。実際、多くのユーザーはこの1週間、そうせざるを得なかった。

 問題の根本的な原因は不明だが、Microsoftは23日、「影響を受けたインフラ」を修正中だとしていた。

 有名ウェブサービスの障害状況をまとめたサービス「Down Detector」のヒートマップを見ると、Outlookに関する問題の大半は、欧州のユーザーから報告されている。

 Down Detectorのコメント欄にも、Microsoftの説明に合致する報告が1万件近く寄せられた。多くのユーザーは、この2~3日間「iOS」や「Android」のアプリからOutlookにアクセスできないと報告したが、17日から同期できないという問題を報告したユーザーもいた。

 数日にわたって「Hotmail」が利用できないという報告や、デスクトップ版のOutlookクライアントにも混乱の影響が出ているという報告もあった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月25日(金)11時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】