Xiaomi、スマートフォン販売減の影響小さく:「利益なしで提供」--Reuters

CNET Japan 2016年11月28日(月)10時29分配信

 Xiaomiのスマートフォン販売は減少したかもしれないが、同社は心配していないようだ。

 Xiaomiのグローバルバイスプレジデントを務めるHugo Barra氏はReutersとのインタビューで「基本的にわれわれは、(携帯端末を)利益なしでユーザーに提供している」と語った。「100億台のスマートフォンを販売したとしても、利益はまったくない」(Barra氏)

 Xiaomiのスマートフォン事業は、ハードウェアを販売することだけではなく、何年間にもわたるサービスからの経常収益を得ることで成り立っているとBarra氏はReutersに述べた。また、スマートホーム機器の販売やソフトウェアエコシステムからの売り上げが利益の増加を促すことに期待しているという。

 Xiaomiはこれまでにインドとアジアに投資しているが、現在は米国の消費者に対する直接販売のための下準備をしているとBarra氏は述べた。

 Xiaomiは、まったく新しい製品を家電見本市CES 2017で発表する計画だ。同社がCESに出展するのはこれが初めてとなる。出展される新製品はスマートフォンではないかもしれない。Xiaomiは、スマートフォンやフィットネスバンド、電動自転車、ロボット掃除機のほか炊飯器などあらゆる種類の電気製品を競合他社よりも低い価格で販売していることで知られている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月28日(月)10時29分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。