新型「iPad」はホームボタンを廃止、ほぼベゼルレスと報道

CNET Japan 11月29日(火)09時56分配信

 2017年春の発売が予想されるAppleの新しい「iPad」は、ホームボタンを廃し、ほぼベゼルレスになる可能性があると、Macお宝鑑定団のブログが報じている。

 Macお宝鑑定団は以前、Appleが2017年に3種の新型iPadを発表する計画だと報じており、他の複数のアナリストもこのうわさを裏付ける発言をしている。これらの予想で一致しているのは、iPadが9.7インチモデル、12.9インチモデル、および10.9インチ(または10.5インチ)モデルの3サイズになるという点だ。アナリストたちはさらに、iPadが今後ベゼルレスになるとみている。ベゼルレスはデバイスメーカーの間で流行しているようだ。

 次世代iPadは縁がほとんどなく、前面の「FaceTime」カメラがある細長い部分以外はフルスクリーンになる可能性がある。すなわち、ホームボタンはなくなるということだ。

 Macお宝鑑定団の匿名の情報筋はさらに、新しい10.9インチモデルは現行の9.7インチ「iPad Pro」と同じ大きさになり、このサイズとしては少し大きな画面になる可能性があると述べている。また10.9インチモデルが「iPad Air」や「iPad mini 2」と同じ厚さ7.5mmになり、新しい12.9インチモデルは現行モデルより0.3mm厚い7.2mmになるとも語ったという。これはおそらくバッテリその他のコンポーネントを格納するためだろう。

 報道では、新型iPadは2017年3月に発売されると予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月29日(火)09時56分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】