サイバーエージェントが「SEOラボ」を設立--京大との共同研究が5年目を迎え

CNET Japan 2016年11月29日(火)16時06分配信

 サイバーエージェント<4751>は11月29日、京都大学とSEOにおける共同研究から5年目を迎えるとともに、SEOラボを設立したと発表した。

 両社は、2012年10月よりウェブサイトやコンテンツに関する共同研究を実施。独自の検索エンジンランク付けのロジック解析とともに、「Ameba」などの自社運営メディアや協力メディアでの閲覧者の行動、ユーザーテストを元に、ユーザー行動やユーザー評価とウェブサイトの各種記事要素の関係性を調査・分析している。

 今回、SEOラボを設立することによって、4年間にわたる京都大学との共同研究成果となるノウハウやナレッジを、定期的にセミナーやブログ・書籍などの形式で発表するとしている。

 なお、京都大学との共同研究は引き続き実施。独自の検索アルゴリズムの研究、各種ソーシャルメディアのフィードや検索アルゴリズムの調査・分析、ブログ以外の一般的なウェブサイトのユーザー体験と各種項目の関係性も調査するという。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月29日(火)16時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】