YouTubeスターが作った動画共有アプリ「Beme」、CNNが買収へ--若い世代に照準

CNET Japan 11月29日(火)08時21分配信

 CNNは米国時間11月28日、ソーシャルメディアアプリのBemeを買収し、その全従業員を雇用して「テクノロジとストーリーテリングを融合させる新しいメディア企業」を設立すると発表した。買収金額は非公表。

 この投資の目的は明白だ。CNNは、Bemeを創設したCasey Neistat氏が非常に巧みに自身のYouTubeチャンネルに惹きつけている、ミレニアル世代のオーディエンスとのつながりを得たいのだ。Neistat氏は、YouTubeのチャンネル登録者数が600万人近くにのぼる。フィルタのない4秒間の動画を撮影して再生するBemeアプリのダウンロード数は100万件を超えている。このような成功の芽を、適切な金銭的支援によってより大きな舞台へと移行させたいとCNNは考えている。

 買収に伴い、Bemeアプリの提供は終了する。CNNによると、Neistat氏のYouTubeチャンネルはこれまでどおり同氏が完全に管理するという。

 新プラットフォーム自体はまだ開発の初期段階にあるが、CNNはこれが動画ベースになることを認めた。新会社とプラットフォームはいずれも、2017年夏までに立ち上がる予定だ。


 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月29日(火)08時21分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】