日本のスタバでも売ってほしい、適温を長く保つスマートタンブラー「Ember」

CNET Japan 2016年11月29日(火)17時22分配信

 寒い季節に欠かせない温かい飲み物だが、テイクアウト用の紙カップだとあっという間に冷えてしまう。最近の保温タンブラーは優秀で長い時間温度を保ってくれるが、逆に入れてすぐだと熱すぎて飲めないという落とし穴がある。

 そこで以前、飲み物を急速に冷やし、適温を長く保てるスマート保温タンブラー「Ember」を紹介したが、機能性やデザインが評価されたらしく、見事クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で目標金額の集金に成功した。そして嬉しいことに、このタンブラーがStarbucksから「Ember Temperature Control Mug」として発売されたのだ。

 Emberは、熱の逃げにくい構造で飲み物を保温するのではなく、内蔵ヒーターで温度を維持する。そのため、単純な保温タンブラーと違い、適温を長時間保つ。しかも、飲み物を冷やす仕組みも搭載しており、適温まで下がる時間が早いという。慌てて飲んでも安心だろう。

 設定温度は、本体下部のダイヤルと、Bluetooth連携させたスマートフォンのアプリやスマートウォッチで調整できる。指定した温度は側面のディスプレイに表示される。

 飲み口はプッシュ式で、閉じておけば飲み物をこぼさない。さらに、開けるとどの方向からでも飲めるので、持ち方を気にせず済む。

 Starbucksの米国向けオンラインストアでは、5人の購入者がいずれも5点満点の高評価を投稿する人気で、現在は在庫切れ。とても魅力的なタンブラーなので購入したいものの、日本への出荷には対応しないとのこと。しかも、残念ながら日本向けオンラインストアでは取り扱われていない。

 なお、Indiegogoでのキャンペーンはすでに終了。目標金額の556%に相当する36万1691ドルを集めることに成功した。

(出典:Ember公式YouTubeアカウント)
CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月29日(火)17時22分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。