パナソニック、コントラスト100万対1以上の新型液晶を開発

CNET Japan 2016年11月29日(火)11時28分配信

 パナソニック<6752>液晶ディスプレイは11月28日、従来型液晶の600倍のコントラスト100万対1以上を実現する新型IPS液晶パネルを開発したと発表した。2017年1月にサンプル出荷を開始する。

 新型液晶では、新開発の調光セルを表示セルに内蔵することで、バックライトから表示セルに入射する光の量を画素単位で制御することが可能となり、コントラスト100万対1を実現。調光セルには、表示セルで使用される液晶材料とは光透過特性が異なる液晶材料を使用。それぞれを独立制御する構造にすることで、光漏れが大幅に抑制され、きめ細かな階調表現が可能になるという。

 放送局や映像制作スタジオで使用されるプロ向けの、HDR対応ディスプレイとして提供できるほか、医療モニタや明瞭な視認性が求められる車載用モニタなどに活用できるとのこと。

 製造は、既存の液晶パネル製造設備を使用でき、10~100インチまでの展開が可能。放送、映像制作、医療、車載といった多様な用途に適した画面サイズのパネルを提供できるとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月29日(火)11時28分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。