アマゾン、タッチスクリーンを搭載する「Echo」風スマートスピーカーを準備中か

CNET Japan 2016年11月30日(水)09時38分配信

 Amazonがタッチスクリーンを搭載する「ハイエンドのEcho風スピーカー」を、2017年第1四半期に発売しようと準備している可能性がある。Bloombergが報じた。音声アシスタント「Alexa」を搭載する同スピーカーは、現行の円筒形のデザインに代わって、7インチのタッチスクリーンを搭載するという。タッチスクリーンはやや上に傾かせることができ、カウンター上に置いたり直立させたりした場合に見やすいようになっている。

 「Fire」タブレットと同じOSが採用される予定のこの新しい機器により、レシピ、天気予報、スケジュール、ニュースなどのコンテンツがより簡単に確認できるようになると、Bloombergは新製品に詳しい2人の情報筋の話として報じている。

 スピーカーは現行のEchoデバイスよりも大きく、音質が良くなるとBloombergは報じている。また、Amazonの既存のスマートホームスピーカーよりも高額になる可能性が高い。現行版は「Echo Dot」の50ドルから、Echoの180ドルまでの価格帯で販売されている。

 米CNETはAmazonにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

 AmazonのEchoは、Alphabetの音声制御デジタルアシスタントスピーカー「Google Home」と競合している。また、まもなくAppleも競合相手になる可能性がある。Appleはデジタルアシスタント「Siri」を採用するスマートホーム機器を開発中とうわさされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月30日(水)09時38分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。