世界スマホ市場の成長が鈍化、2016年はわずか0.6%増の見通し--IDC

CNET Japan 2016年11月30日(水)12時06分配信

 IDCが2016年の世界スマートフォン市場に関して発表した最新の予想によると、出荷台数は約14億5000万台に達する見通しだという。IDCによると前年比成長率はわずか0.6%で、2014年~2015年の成長率10.4%に比べると大幅な縮小だ。

 唯一の好材料は、2016年に4Gスマートフォンの出荷台数(主に新興市場)が前年比で21.3%増加する見通しであることだ。この成長の大半を牽引するのは、アジア、中南米、中東欧、中東の発展途上市場での販売である。

 一方、米国や中国、西欧などの成熟市場では2015年、スマートフォンの出荷が減速し、成長率は1桁に留まった。これらの市場の出荷台数は2016年にさらに悪化する見通しだ。

 大手メーカーはこの苦境を認識している。Appleとサムスンはいずれも販売台数が大幅に減少した。市場調査会社Gartnerによると、サムスンは第3四半期の販売台数が14%減となり、過去最大の減少率となった。こうした販売不振は、少なくとも部分的には、サムスンの「Galaxy Note7」スマートフォンが爆発または発火した問題によるものだ。Appleも新型の「iPhone 7」を発売したにもかかわらず、第3四半期に販売台数が6.6%減少している。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月30日(水)12時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】