データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」--10分で作成完了

CNET Japan 2016年12月01日(木)16時01分配信

 フィードフォースは12月1日、広告担当者自身がデータフィードの作成や管理、最適化をすることができるデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」の正式版を公開した。

 料金プランは、広告主向けが月額3万円から、広告代理店向けが月額10万円からとなる。3週間の無料トライアルも可能だという。

 同社がこれまで提供していたデータフィード最適化サービス「DF PLUS」では、データフィードの作成・管理・最適化をフィードフォースが実施していた。新たに提供するdfplus.ioでは、広告代理店や広告主の担当者自身が、直感的なインターフェースで、最短10分ほどでデータフィールドを作成できるようになるという。

 具体的には、データフィード最適化のための各種変換ルールや、除外ルールの設定、複数の広告媒体向けに作成したデータフィードの統合管理など、データフィード運用に必要な作業をウェブブラウザから実行できるようになるとのこと。

 同社では、「データフィードの作成に1カ月以上かかり機会損失が大きい」「社内エンジニアの確保が必要で、週次のデータフィード改善が難しい」「稼働状況の把握や管理が難しい」といった従来のデータフィードの課題を、同プラットフォームによって解決したいとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月01日(木)16時01分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。