グーグルの「G Suite」にローコードアプリ開発ツール「App Maker」登場

CNET Japan 2016年12月04日(日)00時59分配信

 Googleが、「G Suite」プラットフォームにアプリ開発ツール「App Maker」のベータ版を追加した。

 App Makerのベータ版には、ドラッグアンドドロップ操作によるユーザーインターフェース機能、ローコード開発ツール、カスタムアプリケーションをすばやく開発する機能などがあるとApp Makerの製品マネージャーAjay Surie氏は述べた。Googleのインフラストラクチャが、バックグラウンドでサポートするという。「ウェブアプリに精通していてJavaScript、CSS、HTMLを理解している開発者ならば、すばやく構築してカスタマイズすることができる」とSurie氏は述べた。

 App Makerを最初に利用する顧客として紹介されたワイオミング州は、疑わしいログインアクティビティを追跡するアプリを開発した。

 Googleはベータ段階で、App Makerの顧客と協力してニーズの優先度付けを行う。

 またG Suiteは、プロジェクト管理やカスタマーサポート、財務管理、暗号化、電子署名サービスなどを提供する7社の推奨パートナーを追加した。パートナーは、ウェビナーによるマーケティングサポートを受けるほか、G Suite Marketplaceに掲載されるとGoogle Cloudのエンジニアリング担当バイスプレジデントのElissa Murphy氏は説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月04日(日)00時59分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】