NFC搭載Androidスマホで「Edy」にチャージ--楽天Edyが専用アプリ

CNET Japan 12月05日(月)16時28分配信

 楽天<4755>Edyは12月5日、近距離無線通信技術「NFC」を搭載したAndroid端末向けアプリ「Edyチャージ」の提供を開始したと発表した。

 同社では、2011年1月から「おサイフケータイ」機能が搭載されたAndroid端末で利用できる「楽天<4755>Edyアプリ」を提供。現在、累計発行枚数は「楽天<4755>Edy機能付きカード」や「おサイフケータイ」を搭載している「楽天<4755>Edy」などを含め、11月1日時点で約1億10万枚に上るという。また、「おサイフケータイ」機能に対応していないスマートフォンも普及し、Edy付きカードの利用者が増加していることから、アプリの開発に至った。

 利用には、NFC機能内蔵のAndroid端末にアプリをインストールし、「Edyカード登録」を完了することで、端末からEdy付きカードの情報が読み取れるようになる。さらに、残高の確認や楽天会員情報に登録しているクレジットカードから、いつでもチャージできるようになる。

 利用の確認がとれている端末は、Huawei Ascend Mate7、Huawei Honor6 plus、Huawei P9、ASUS ZenFone2、HTC Desire 626、Arrows M01、Huawei Honor8、Nexus 5X、Nexus 6P。順次対象端末を拡大するという。

 なお、12月6日から12月31日の期間、「Edyチャージ」アプリで1回あたり3000円以上のEdyをチャージすると、もれなく100円分のEdyを獲得できるキャンペーンを実施する。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月05日(月)16時28分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】