米アマゾン、「食料品実店舗2000店の展開を構想」との報道を否定

CNET Japan 2016年12月08日(木)12時32分配信

 Amazonが「自社ブランドの食料品実店舗を2000店以上」オープンすることを構想しているとThe Wall Street Journal(WSJ)が報じた2日後、Amazonはこの報道について、誤りであると反論した。

 Amazonの広報担当Pia Arthur氏は米国時間12月7日、電子メールで声明を配信し、「その報道は全くの誤りだ。当社が何かを2000店舗以上オープンする計画は全くない。事実とはほど遠い」と述べた。

 WSJの記事では、Amazonは食料品を扱うディスカウントチェーンAldiに似た3万~4万平方フィート(約2700~3700平方m)の店舗開設を構想しているとのうわさも報じられたが、Amazonはそれも否定した。

 「そのような店舗を建設する計画は一切ない」(Arthur氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月08日(木)12時32分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】