カプコン、交通系ICカード連動の3DS「めがみめぐり」を配信--履歴活用のタイアップも

CNET Japan 2016年12月08日(木)19時25分配信

 カプコン<9697>は12月8日、交通系ICカードと連動要素を持つニンテンドー3DS用ソフト「めがみめぐり」について、ニンテンドーeショップを通じて配信を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制。

 本作は合成音声を活用したキャラクターとの“おしゃべりコミュニケーション”ソフト。プレーヤーの交通系ICカードに宿った新米のツクモガミである「ツクモ」が、“一人前のめがみ”を目指すため、一緒に旅に出るという内容となっている。実在する9000以上の駅が登場し、さいころを振ってめぐっていく。

 特徴となっているのは、3DS用ソフトとしては初めてとなる交通系ICカードとの連動要素。交通系ICカードに記録された履歴を、NFC機能を通じて3DSへ読み取らせると、乗り降りした駅にどんな目的で訪れたのかや、決済履歴から買い物についてなどの質問による会話が発生する。また、ゲームを便利に遊ぶための「おさい銭」が手に入るという要素もある。利用できる交通系ICカードは、「Suica」や「PASMO」をはじめとした10種となっている。

 また、ツクモの音声は、東芝<6502>の音声合成エンジン「ToSpeak G3」をベースに、カプコン<9697>東芝<6502>によって新開発された「めがみスピークエンジン」という人工音声合成システムを活用。プレーヤーが入力したどんな言葉でもフルボイスで読み上げてくれる。

 配信開始にあわせて、交通系ICカードの履歴を活用した、駅や店舗とのタイアップ企画も開始。福岡県にある西鉄電車「太宰府駅」の乗降履歴がある交通系ICカードを読み取らせると、タイアップ衣装の「合格祈願学生服一式」が入手できるほか、専用の会話も発生。ほかにも東京都にあるアトレ秋葉原や、埼玉県にある鉄道博物館とのタイアップも展開する。この3つに関しては2017年2月28日までの期間限定となっている。

 このほか歌声合成ソフトの「初音ミク」や多方面に展開している「探偵オペラ ミルキィホームズ」、人気漫画「ああっ女神さまっ」、ニュースアプリ「ハッカドール」などといったさまざまなコンテンツとのコラボレーションを展開する。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月08日(木)19時25分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。