HTC、VRコンテンツ開発に特化した新部門「Vive Studios」を創設

CNET Japan 2016年12月09日(金)10時47分配信

 HTCは現地時間12月8日、仮想現実(VR)コンテンツの拡充を専門に手がける新部門であるVive Studiosを発表した。HTCによると、Vive StudiosはVRのプロジェクトに社内で取り組むだけでなく、外部のパブリッシャーや開発者とも連携していくという。

 同日、Vive Studiosの第1弾作品「Arcade Saga」も発表された。Arcade Sagaを開発したのは、社内の2 Bears Studiosだ。Vive Studiosは教育からデザイン、スポーツ、映画のようなコンテンツまで、さまざまなカテゴリの作品を発表する計画だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月09日(金)10時47分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。