JVC、4K/HDR対応D-ILAプロジェクタ--HDRオートピクチャーモード搭載

CNET Japan 2016年12月09日(金)08時15分配信

 JVCケンウッド<6632>は12月8日、JVCブランドより、「D-ILA」デバイスを搭載した家庭用プロジェクタに、4K/HDR対応のD-ILAプロジェクタ「DLA-X770R」(税別価格:90万円)と「DLA-X570R」(同:70万円)を発表した。12月下旬に発売する。

 2機種とも、高輝度1900ルーメンと、画素ギャップが狭く光の利用効率が高いD-ILAデバイスとの組み合わせにより、緻密で滑らかかつパワフルな4K映像を実現。HDRコンテンツへの対応を拡充し、「HDRオートピクチャーモード」を新たに搭載した。

 18Gbps伝送に対応したフルスペックの4K映像入力が可能で、色鮮やかな色調表現と、より豊かな階調表現を実現。高画質映像処理技術「Multiple Pixel Control」を搭載し、フルHD映像も高精細な4K映像に変換して再生する。著作権保護コンテンツの再生が可能な、HDCP 2.2にも対応している。

 DLA-X770Rは、映画などの映像表現にこだわったハイエンドモデル。4K60P 4:4:4にも対応した動画補間技術「Clear Motion Drive」と、映像に応じてD-ILAデバイスの駆動を最適に制御する動画処理技術「Motion Enhance」を搭載し、「Real Color Imaging Technology」により、オリジナル映像に忠実なフィルム画質を実現したという。

 サイズは2機種とも高さ179mm×幅455mm×奥行き472mmで、DLA-X770Rの本体カラーは「ブラック」のみ。DLA-X570Rは「ブラック」と「ホワイト」の2色を用意している。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月09日(金)08時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】