アップルの「AirPods」、発売延期は技術的な問題が原因か

CNET Japan 12月12日(月)17時33分配信

 Appleは10月にワイヤレスヘッドホン「AirPods」の発売を延期したが、その理由や新たな発売予定日は一切明らかにしなかった。

 The Wall Street Journal(WSJ)の情報筋によれば、AirPodsの発売延期は技術的な理由によるもので、Appleは現在、接続の切断を減らすため、AirPodsの両方のイヤーピースが信号<6741>を同時に受信できるようにする作業を行っているという。

 AirPodsの開発に詳しいある人物はWSJに対して、「Appleは音のひずみを防止するため、両方のイヤーピースがオーディオ信号<6741>を同時に受信できるようにする必要がある」と述べた。さらにこの人物によると、Appleは「ユーザーがイヤーピースの1つを紛失した場合や、バッテリが切れた場合の問題を解決」しなければならないという。

 AirPodsは、両方のイヤーバッドと通信するAppleのプロプライエタリなチップを使って、オーディオをストリーム<3071>する。ほかのワイヤレスヘッドホンはBluetoothオーディオを1つのイヤーバッドに送信し、そこからもう1つのイヤーバッドに信号<6741>を送る。

 また、複数の情報筋がブロガーのJohn Gruber氏に伝えたところによると、AppleはAirPodsの大量生産に関して、さまざまな問題に直面しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月12日(月)17時33分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】