アップル、「iOS 10.2」で画面ショットを無音に設定可、写真は控えめシャッター音に

CNET Japan 2016年12月13日(火)12時16分配信

 Appleは12月13日、「iOS 10.2」を「iPhone」「iPad」「iPod touch」向けにリリースした。

 iO 10.2は、TV App(米国のみ)を含めた新機能の導入や、絵文字のデザイン変更、100個以上の絵文字の追加など、新たなアップデートが行われている。詳細は翻訳記事で紹介している通りだ。

 さらに、日本では長く待たれていた、画面ショットを撮影時に無音する機能が含まれている。iPhoneならiPhoneの左にある「音量ボタン」で消音モードにしておけば、画面ショットの撮影時に音は出なくなる。ただし、消音モードでなければ、設定しているボリュームに応じて多少の音はする仕様だ。

 また、今回のアップデートに伴い、写真を撮影する時の音がやや控えめになった。特にiPhone 7シリーズでは、従来のモノラルスピーカからステレオスピーカに変わったことで、画面ショットや写真撮影時の音までもが必要以上に大きくなる問題があった。

 実際にiPhone 7/iPhone 7 Plusで撮影をしてみたが、個人的には許容範囲になったと感じる。なお、アップデートは、「設定」-「一般」-「ソフトウェアップデート」から行える。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月13日(火)12時16分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。