「macOS Sierra 10.12.2」がリリース--「Touch Bar」のスクリーンショット撮影など

CNET Japan 2016年12月14日(水)15時08分配信

 Appleは米国時間12月13日、「macOS」の新しいアップデートの配信を開始した。「macOS Sierra 10.12.2」には多種多様な修正と調整に加えて、「MacBook Pro」で新しい「Touch Bar」を使用するユーザーを特に対象とするものなど、いくつかの新機能が含まれている。

 主な更新内容は以下のとおり。

  • 「Apple Watch」によるMacの自動ロック解除の設定が容易になった。
  • 「グラブ」アプリケーションまたはショートカットキー(Command+Shift+6)を使ってTouch Barのスクリーンショットを撮影できるようになった。
  • MacBook Pro(October 2016)のグラフィックスの問題と、一部のMacBook Pro(October 2016)でシステム整合性保護が無効になる問題が修正された。

 また米CNETは、今回の新しいアップデートによりMacBookのバッテリ残量表示に「推定残り時間」のタイマー表示がなくなり、パーセント表示のみになると聞いている。何年も前から「Windows」と「Mac」の両方のコンピュータにおいて、電源管理を調整できることや、使用状況に応じてCPUをクロックアップやクロックダウンできるようになっていることで、このようなカウントダウンタイマーの信頼性が低下していた。

 その他アップデートの内容は以下のとおり。

  • Touch Barの「Control Strip」に中国語のトラックパッド手書き認識ボタンの追加が可能に
  • Touch Barの絵文字ピッカーがディスプレイに表示されてしまう問題を修正
  • 「iCloud」の「デスクトップ」と「書類」の設定および無効化のエクスペリエンスが改善
  • 最適化されたストレージの通知の表示方法に関する問題を修正
  • Bluetoothヘッドホンで「Siri」や「FaceTime」を使用しているときのオーディオ品質が改善
  • 「写真」でブックを作成および注文するときの安定性が向上
  • 「Microsoft Exchange」アカウントを使用している場合に「メール」に受信メッセージが表示されない問題を修正
  • Safari機能拡張ギャラリー以外からダウンロードしたSafari機能拡張をインストールできない問題を修正
  • 対応のMacでBoot Campを使ってWindows 8およびWindows 7の新規インストールが可能に

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月14日(水)15時08分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】