「Apple Support」アプリが米国でリリース

CNET Japan 12月15日(木)13時03分配信

 Appleが、「iPhone」などの「iOS」端末のユーザー向けに、所有する端末向けの情報の把握や端末の管理を助けるサポート専用アプリを米国でリリースした。

 このアプリはAppleが11月にオランダなどで提供を開始していたもので、今回米国でも利用可能になった。

 このアプリを利用すれば、Appleのサポート担当者との電話やチャット、メールのほか、Apple Storeにある「Genius Bar」の予約もできる。さらにはバッテリの充電や「iTunes」の請求といったサポート関連のトピックスについての記事を見つけたり、壊れた端末を修理してくれるApple製品取扱店を探したりすることもできる。

 AppleにはすでにiOSに関する「Tips」アプリがあるが、今回のアプリはさらに踏み込んで、ユーザーと顧客サポートを結びつけるものとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月15日(木)13時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】