「Microsoft Translator」、グループで対面リアルタイム会話が可能に

CNET Japan 2016年12月15日(木)12時19分配信

 フランスのシャルトル大聖堂でガイド付きツアーに参加しているとしよう。周囲にはブラジル、中国、ロシア、ドイツからの観光客がおり、フランス語を話す人はいない。これまでなら、それぞれにツアーガイドが必要だった。Microsoftの新しい「Microsoft Translator」アプリは、このような多言語という障害を取り除こうとしている。Microsoft Translatorは、ガイドの言葉をほかの8言語に翻訳できる。逆方向の翻訳も可能だ。

 新しいMicrosoft Translatorは米国時間12月13日にリリースされた。機械翻訳の達成レベルを新たに押し上げるものとなる。「Google Translate」やMicrosoftの「Skype Translator」は2人の会話にのみ対応している。

 言語が通じない国に身を置くには素晴らしい時代だ。旅行中は、スマートフォンに複数のアプリを入れて持ち歩くことができる。Google Translateは52言語に対応しており、オフラインでも利用できる。スマートフォンのカメラを利用してテキストを認識し、翻訳してくれる。また、たとえば中国語のキーボードの使い方がわからない場合は画面上に文字を書けば認識してくれる。Microsoft Translatorアプリは「iPhone」や「Android」ベースのスマートフォンに対応しており、「Apple Watch」や「Android Wear」と連携して利用することもできる。

 Microsoft Translatorのグループ会話機能は、人工知能(AI)の能力を新たに実証するものとなる。AIは2016年の技術業界の話題をさらったと言える。長年にわたる学術分野での研究開発が実り、実世界の製品やサービスへと発展した。

 Microsoftは、人間の脳から着想を得たニューラルネットワークを利用している。事前にプログラムされたルールではなく、現実世界の話し言葉をベースに翻訳方法を学ぶもので、利用者が多いほど精度が高くなるというメリットがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月15日(木)12時19分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】