「iPhone」から「Android」への乗り換えが簡単に--Googleドライブが進化

CNET Japan 2016年12月16日(金)10時38分配信

 Googleは、「iOS」から離れて「Android」に乗り換えるユーザーのために、連絡先やカレンダー、写真などの端末上の最も重要なデータを失うことなく移行できるプロセスを簡略化した。

 従来のプロセスでは、iOS端末をコンピュータに接続して、一連の手順を実行する必要があったが、新しい方法で必要なのは、「iPhone」にインストールされた「Googleドライブ」アプリとGoogleアカウントだけだ。

 具体的な手順は以下の通り。

  • GoogleドライブをiPhoneにインストールする。
  • 既にインストール済みの場合は、「App Store」を開いて最新バージョンであることを確認する。
  • Googleドライブを起動し、Googleアカウントでサインインする(アカウントを持っていない場合は作成が必要)。
  • メニューボタンをタップする。
  • 「設定」を選択する。
  • 「バックアップ」を選択する。
  • それぞれのバックアップ項目をタップして、必要に応じてバックアップを無効にする。すべてバックアップする場合は次のステップに進む。
  • 最後に「バックアップを開始」をタップする。
  •  このプロセスには、少し時間がかかる。多くの写真や動画がある場合は特にそうだ。iPhoneをWi-Fiネットワークに接続し、Googleドライブアプリが開かれた状態で、スクリーンをオンにしたまま放置する必要がある。このバックアッププロセスは、就寝前に開始することをお勧めする。

     Android端末をセットアップする準備が整ったら、iPhone上のGoogleドライブアプリで使ったのと同じGoogleアカウントにサインインする。バックアップした連絡先は、「連絡先」アプリ内で、自分のiPhoneの名前が付けられたグループに分類されているはずだ。カレンダーの予定も同様。写真はGoogleフォトアプリに保存される。

    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

    CNET Japan
    もっと見る もっと見る

    【あわせて読む】

      最終更新: 2016年12月16日(金)10時38分

      【関連ニュース】

      【コメント】

      • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

      【あなたにおススメ】