サムスン、LG Chemからのスマートフォン用バッテリ調達を検討か

CNET Japan 12月20日(火)11時57分配信

 サムスンは、2016年に「Galaxy Note7」のバッテリで起こった重大な問題を繰り返さないように、可能な限りの手を尽くしているようだ。

 その方策の1つとして、サムスンはLGからバッテリを購入することも検討しているようだと、Reutersが現地時間12月19日に報じた

 サムスンは現在、スマートフォン用のバッテリを子会社のSamsung SDIと中国のAmperex Technology Limited(ATL)から調達している。だが、バッテリの調達先を分散するために、韓国のLG Chemと契約することを検討しているようだ。Reutersは朝鮮日報の記事を引用する形で、関係者によるとサムスンがLGと契約を交わす「可能性は90%以上」であり、2017年後半よりLG Chemからスマートフォン用バッテリの供給を受ける可能性があると報じている。

 2016年はサムスンにとって苦難の1年だった。同社は、バッテリに関わる安全性への懸念からGalaxy Note7を2度もリコールした上、最終的には本体の製造そのものを中止した。一連のリコールで多額のコストが発生すると見込まれることから、サムスンが今後も同じような問題が起こるのを避けたいと考えるのは当然だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月20日(火)11時57分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】