スマホ操作で自走するライブカメラ--ドン・キホーテが発売

CNET Japan 2016年12月21日(水)18時03分配信

 ドン・キホーテは12月21日、プライベートブランド「情熱価格+PLUS」の新商品「ランニングライブカメラ」を、全国のドン・キホーテで12月22日に発売すると発表した。希望小売価格は、税別1万9800円。

 ランニングライブカメラは、専用のアプリをインストールしたスマ-トフォンやタブレットから遠隔操作が可能。室内や屋外を、いつもとは違う視点で撮影できるだけでなく、留守中のペットや昼寝中の赤ちゃんの見守り、自宅の防犯などさまざまな用途で利用可能。

 カメラには広角レンズを採用し、暗視用LEDの搭載で夜間の撮影にも対応する。電源は、内蔵型リチウムポリマー充電池(3500mAh/3.7V)を搭載。運転操作可能時間は最大約2時間で、ライブビューのみなら最大約8時間まで使用できる。充電は、付属のACアダプターのほか非接触型の充電ステーションを用意する。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月21日(水)18時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】