Instagramのストーリーに「雪だるま」などのステッカー--ハンズフリー機能も

CNET Japan 2016年12月21日(水)07時40分配信

 Instagramは米国時間12月20日、ストーリーの写真や動画に付加できる一連のホリデー向けステッカーをリリースした。ストーリーは、24時間後に消滅する「Snapchat」に似たInstagramの機能。これとは別に、新年を祝うためのステッカーも追加する予定だという。

 雪だるま、キャンディケーン(赤白縞模様のステッキ型キャンディ)、ドレイドル(木製のコマ)に加えて、ストーリーに対する今回の最新アップデートでは、1年を通して使えるステッカーも追加されている。

 「写真や動画を撮影したら、テキストや描画ツールの横に新しいステッカーボタンが表示される」と同社はブログ記事で説明した。「笑顔マークをタップするとステッカーが表示され、天候、現在時刻、さらには現在地に合わせてカスタマイズすることができる」(Instagram)

 今回のアップデートでは、長押しする必要なく1回のタップで動画が撮影可能な「ハンズフリー」モードも新たに追加されている。ウクレレ演奏の自撮りも可能だ。

 同アップデートは20日、「iOS」および「Android」搭載端末向けに提供開始された。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月21日(水)07時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。