bitFlyer、独自開発のブロックチェーン技術「miyabi」を発表

CNET Japan 12月22日(木)22時06分配信

 bitFlyerは12月21日、次世代ブロックチェーン型データベース「miyabi」を開発したと発表した。

 miyabiは、同社が独自に開発したブロックチェーンで、改ざんが難しく高い信頼性を持つブロックチェーン技術を、実際の取引に使用できるように実用化したもの。独自の高速コンセンサスアルゴリズム「BFK2」と、スマートコントラクト実行機構「理(ことわり)」で構成される。

 BFK2では、世界最速となる秒間1500件以上のトランザクション処理が可能。契約や取引を柔軟に記述できる拡張性と安全性を持ちつつ、強固な暗号技術により改ざんを防ぐという。ブロックチェーンの堅牢性をキープしつつ、取引の確定や処理速度などの課題を解決したデータベースとなっている。

 同社では、金融機関などにおける既存システムの置き換え、シェアリングエコノミーでの基盤システム、IoT時代の新データベース、新しい政府システムなどへの応用を考えているという。

 なお、11月30日にデロイトトーマツが発表した、みずほフィナンシャルグループ<8411>、三井住友銀行、三菱UFJフィナンシャルグループの三大メガバンクが参画したブロックチェーン技術の実証実験では、miyabiが実行環境として使用されたとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月22日(木)22時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】