新潟県糸魚川市の大規模火災で携帯3キャリアが支援措置--端末修理費の減額など

CNET Japan 12月22日(木)21時42分配信

 NTTドコモ<9437>KDDI<9433>は12月22日、新潟県糸魚川市における大規模火災にともない、災害救助法が適用された地域のユーザーを対象に支援措置を実施すると発表した。

 ドコモでは、2017年1月31日までの期間、電池パックやACアダプタ、ポケットチャージャーなどを無料で提供。携帯電話購入時の割引も実施するほか、破損や故障した携帯電話の修理代金の一部減額を実施するという。

 また、「ケータイデータ復旧サービス」や一部手数料を無料にしたほか、対象地域のドコモショップに来店して手続きする際、本人確認書類に不足があった場合でも、後日での本人確認を条件に手続きを受け付ける。料金支払いの延長にも対応する。

 インターネット接続サービス「ドコモ光」についても、1月31日までの期間で利用できなかった場合は基本料金を無料にする。仮住居への転居についても、移動工事費や移動手数料なしでドコモ光を利用できるという。

 KDDI<9433>でも、火災で破損や故障した携帯電話機の修理費用を一部軽減するほか、災害復興を実施する市区町村の災害対策本部、公的機関の団体に携帯電話などを貸し出す。

 そのほか、インターネット接続サービス「au one net」や「auでんき」が災害で利用できなかった期間の月額基本料を減額。携帯電話サービスも含め、支払期限の延長を受け付ける。

 なお、ソフトバンク<9984>広報室に確認したところ、携帯電話サービスやブロードバンドサービスの支払期限の延長、災害で携帯電話が破損した場合の修理費用を減免するといった支援措置を検討しているという。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月22日(木)21時42分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】