兵庫県の青山歴史村に“VR望遠鏡”が導入--装着せずのぞき込んでVR映像を体感

CNET Japan 2016年12月23日(金)09時00分配信

 アララは、日本初とうたう「VR望遠鏡」を開発。兵庫県篠山市にある青山歴史村の丹波篠山デカンショ館に採用されたと発表した。

 これは、観光地や高層建築物などに設置されている望遠鏡とほぼ同じような形状で設置するもので、望遠鏡をのぞくと360度カメラで撮影したダイナミックな映像が広がり、VRならではの臨場感が体験できるというもの。今回の丹波篠山デカンショ館に設置されたものは、四季折々に変化する丹波篠山の自然美やデカンショ祭の様子、またドローンを用いて空撮された上空からの景色や紅葉も楽しむことができるという。

 同社ではVR望遠鏡の特徴として、ヘッドマウントディスプレイのような機材の装着が不要であることや、なじみのある形状であるため、使用方法などを説明するオペーレーターが不要であることを挙げている。また映像はスマートフォンを利用して映し出しているため、コンテンツの差し替えも容易だとしている。なお、望遠鏡の躯体製作jは「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」の中核を担うマテリアルが担当しているという。

 今後全国各地の観光施設や、高層ビルの展望台などの活用に向けて取り組みを進めていくとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月23日(金)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。