ついに「Pokemon GO」がApple Watchに対応--ポケモンの捕獲は対応せず

CNET Japan 12月23日(金)12時25分配信

 人気の位置情報ゲーム「Pokemon GO」がついにApple Watchに対応した。iPhone版の最新のアップデート(無料)を適用すると、iPhoneを取り出すことなく、Apple Watch上で近くにどんなポケモンがかくれているのかを確認したりポケストップで道具を手に入れたりできるようになる。

 ディスプレイでどのキャラクターが近くにいるかを具体的に示してくれるのは便利だが、Apple Watchではポケモンを捕まえられない。ポケモンを見付けたら、iPhoneで捕まえる必要がある。Apple Watchでは歩数などの運動の実績を記録するだけでなく、相棒と一緒に歩いてアメを見つけたり、ポケモンのタマゴをかえすこともできる。

 現在、3500円(税別)で販売されている公式のアクセサリ「Pokemon GO Plus」は、ボタンを押すとポケモンを捕まえられる。ディスプレイを持つApple Watchは一部はビジュアル面で優れるが、ポケモンを捕まえられるかという点で大きな違いがある。

なお、Apple Watch用Pokemon GOでできることは以下のとおり。

Apple Watch用Pokemon GOでできること

  • ゲーム内の歩数などがApple Watchのアクティビティのデータとして追加される
  • 近くに出現したポケモンを通知
  • ポケモンのタマゴをかえすための距離のカウント、相棒ポケモンがアメを見つけるために一緒に歩いた距離をカウント
  • 近くにあるポケストップが通知され、回すことでどうぐを手に入れられる
  • タマゴがかえったとき、メダルを手に入れたときに通知する

Pokemon GO
CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月23日(金)12時25分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】