「02line」「おけまる」って?--中高生はTwitterで「乗っ取り中」

CNET Japan 2016年12月24日(土)08時00分配信
「#02line #LJC #famさん繋がりませんかRTで気になった人お迎え行きます #らぶりつください あざまる!イプ大歓迎です!」
「ただいまリナがケントのTwitter乗っ取り中~。 ケントに手を出さんでね」

 Twitterで上のような中高生のツイートを見かけたことはあるだろうか。ツイートの意味は分かるだろうか。理解することで中高生のTwitterの使い方や問題点などが分かるので、ご紹介していきたい。

インフルエンサーと仲間の影響が大きい

 女子中高生における動画の流行には、女子中高生に人気の高いインフルエンサーの影響がとても大きい。たとえばMixChannelなどで双子ダンスを踊る双子モデルの「りかりこ」さん、歌手デビューも果たした双子ダンスの「まこみな」さん、現役女子中学生の「渡辺リサ」さんなどだ。

 まこみなさんが「グッキーダンス」(GReeeeNの「GOOD LUCKY!!!!!」に合わせたダンス)を踊った動画を投稿すれば、女子中高生は一斉にまねしてグッキーダンスの動画を撮影して投稿する。りかりこさんの「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」、渡辺リサさんがSNOWのクマスタンプを使って歌った「あっちのクマもこっちのクマも」なども同様だ。女子中高生たちが憧れる可愛さが感じられることがポイントだ。

 動画の流行は上のことで説明がつくが、Twitterで使う言葉も中高生は独特のことが多い。インフルエンサーの使用で爆発的に流行することもあるし、自然発生的に広がっていくこともあるようだ。タイムラインで頻繁に見かけるようになり、LINE<3938> QやYahoo!知恵袋などで意味を調べて自分も使うようになる中高生も多い。

 中高生の時期に同級生の間で流行っていることを真似した人は多いだろう。たとえば丸文字だったり、スカートの長さだったり、髪型だったり、グッズだったり、その時に瞬間的に流行るものはある。同様に、周囲で見かけるようになると言葉を真似る傾向にあるのだ。

「可愛さ」に価値を感じる世代

 冒頭のツイートの意味は皆さんはおわかりだろうか。言葉の意味とそこから分かることについて解説したい。

 「02line」は2002年生まれ、「98line」は1998年生まれを意味する。元々は韓国における言い方で、日本では主にK-POPなどが好きな子が使うが、女子中高生が韓国とはまったく無関係に使うのを見かけるようになった。

 「LJC」は「ラスト女子中学生」つまり中学3年女子であり、「LJK」は同様に高校3年女子を意味する。学生は学年が違うだけで大きな差を感じるものであり、同学年というのは大きいようだ。しかし、それだけでなく「JC」「JK」という言葉には、彼らが若さに価値があることを知っていることを意味する。

 「あざまる」は「ありがとう」と「。」を合わせた言葉だ。同様に「おけまる」は「オッケー」、「おはまる」は「おはよう」を意味する。おはようの場合は、「おはまゆ」「おはりさ」のように、おは+名前で挨拶する場合も多い。「おけまる」は「オッケー」よりも言葉として長くなり、略語とはなっていない。単に、基本的に「可愛いから」「みんなが使っているから」という理由で使われているようだ。動画の流行と同様、“可愛らしさ”がキーとなっているのだ。

積極的につながり、発信する世代

 「#famさん繋がりませんかRTで気になった人お迎え行きます」のように「fam」がらみのハッシュタグは多い。「fam」は元々familyの略で仲良しカップルを指していたようだが、最近は「LDHfam」(LDH=EXILE所属事務所)など、◯◯のファン(family)を指すことが多いようだ。以前ご紹介したが、「らぶりつ」は「いいね」と「リツイート」のこと。「お迎え行きます」はフォローする意味となる。

 「イプ」はSkypeのこと。主に「イプする」「さぎょイプ」などと使われることが多い。「さぎょイプ」は勉強やイラスト描きなどの作業をしながらSkypeで話すことを意味している。必ずしもSkypeを使わなくても、通信で話すことはイプと言われることが多いようだ。一時、「#私とイプする時に身構えていただきたい事」というハッシュタグが流行ったが、これもSkypeのことだ。無料で通話できるところが支持されていると考えられる。

 かつての中高生は長電話をしたが、同様に今の中高生は無料通話でおしゃべりしているのだ。「キャス」はかなり多くの中高生がツイートしている。TwitCasting(ツイキャス)のことであり、配信が圧倒的に身近になっていることが感じられるだろう。

気軽に「乗っ取る」共同垢世代

 少し毛色が変わっているが、冒頭で紹介した、

「ただいまリナがケントのTwitter乗っ取り中~。 ケントに手を出さんでね」

 の違和感には気づかれただろうか。このツイートでは、彼女が彼氏のアカウントにログインして投稿していることを「乗っ取り中」と表現しているのだ。

 以前ご紹介したとおり、中高生にはカップルや友だちなどで共同垢(アカウント)を利用している例は多い。1つのアカウントをID・パスワードを共有して2人などで運用しているというわけだ。共同垢ではなくとも、ID・パスワードを彼氏や彼女、友だちなどに教えることは、「信頼の証」とされるのだ。

 Twitterを「乗っ取り中」で検索すると、「white(Yukaが乗っ取り中)」などと、彼女側がログインしていることを示すニックネームが複数見つかる。気軽に「ただいま乗っ取り中」とツイートするなど、“乗っ取り”という言葉の意味がとても軽くなっているのだ。

 乗っ取りした側は、勝手にツイートするのはもちろん、DM(ダイレクトメッセージ)を読んだり、プロフィールを勝手に書き換えたり、プロフィール写真やカバー写真を変更したりしている。恋人のアカウントにログインして変更・ツイートなどをするのは、他の異性を牽制する意味で行われているようだ。

 中には、「乗っ取り中に勝手にフォロバされていたのですが、私はリアルで絡んだ人とだけつながりたいので解除させていただきました」「乗っ取り中に@飛ばされた皆さんお騒がせしました」というツイートもあった。非常に疑問だが、フォローやリプライなども勝手にしているしされているということになる。

 勝手に他人のアカウントにログインすることは不正アクセスであり違法行為となる。アカウント乗っ取りは犯罪行為なのに、それがとても軽く扱われており、子どもたちの中に不正アクセスに対する意識がとても低いことを感じる。10代は不正アクセスで検挙されている率が高いが、このようなことが影響している可能性がある。

問題が起きやすい点を知っておこう

 子どもとLINE<3938>でつながり、Twitterアカウントを非公開リストなどに入れて様子を見ている保護者の話はよく耳にする。ネットの様子をうかがうことによって、彼らの交友範囲や興味関心、親には見せない顔などを垣間見ることができる。さらに、タイムラインへの投稿やツイートなどから、彼らのネット利用における問題点が見えるので、アドバイスしやすくなる点ではいいかもしれない。

 一方、自分がされたくないから監視はしたくないという保護者も多い。必ずしも子供のアカウントを監視する必要はないが、10代で起きやすい問題や価値観などを知っておくことで、アドバイスしやすくなるだろう。ぜひ参考にしていただければ幸いだ。

高橋暁子

ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディア等の記事の執筆、企業等のコンサルタント、講演、セミナー等を手がける。SNS等のウェブサービスや、情報リテラシー教育について詳しい。
元小学校教員。
『スマホ×ソーシャルで儲かる会社に変わる本』『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(共に日本実業出版社)他著書多数。
近著は『ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち』(幻冬舎)。

ブログ:http://akiakatsuki.hatenablog.com/

Twitter:@akiakatsuki

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月24日(土)08時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。