太陽光で発電する道路がフランスで開通--「世界初」

CNET Japan 2016年12月26日(月)11時39分配信

 フランスのノルマンディーにある小さな町が地元の街灯の電力をまかなうため、世界で初めて太陽光発電道路を敷設したという。

 The Guardianの報道によると、この長さ1kmの太陽光発電道路は500万ユーロの費用をかけて、フランスの小さな村Tourouvre-au-Percheに敷設され、同国のSegolene Royalエコロジー・持続可能開発・エネルギー相が開通を宣言したという。

 この道路には、2800平方メートルのソーラーパネルが敷き詰められており、毎日通行する約2000台の自動車から道路を保護するコーティングで覆われている。

 米国では7月、ミズーリ州が象徴的なルート66の一部に太陽電池を設置する計画を発表している。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月26日(月)11時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。