Snap、イスラエルのAR新興企業Cimagineを買収

CNET Japan 2016年12月27日(火)06時28分配信

 人気メッセージアプリ「Snapchat」を提供するSnapが、拡張現実(AR)機能の強化を目的に、イスラエルを拠点とするCimagineを買収したという。Calcalistが報じた。

 買収金額は3000~4000万ドルと報じられている。今回のCimagine買収により、Snapはイスラエルで研究開発業務を開始する見込みだ。Cimagineは現時点で20人を超える従業員を擁するが、増員を検討していると記事には記されている。

 Snapはまだ買収を認めていない。米ZDNetは詳細について問い合わせ中だ。

 CimagineのAR技術により、ユーザーは「ボタンを1回クリックするだけで、実物そっくりの3D画像で製品を視覚化」することができるとされている。

 アプリ内で既にARを多用するSnapは、ユーザーが商品を購入する際の支援にCimagineの技術を活用できる可能性がある。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月27日(火)06時28分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。