「Chrome」でHTTP接続サイトへの警告表示、1月に開始へ

CNET Japan 2016年12月28日(水)09時19分配信

 Googleは2017年をセキュリティメッセージとともにスタートする。

 2017年1月より、Googleはログインやクレジットカード番号の入力を含むウェブページがHTTPSによる暗号化通信をしていない場合、「Not Secure(安全ではない)」というタグをつける。HTTPSは安全性を強化したインターネットプロトコルだ。

 Googleは12月27日、ウェブ管理者向けのツール「Google Search Console」で告知を開始し、変更は2017年1月より有効になると警告している。

 この変更は、Chromeブラウザのバージョン56以降でサポートされることになっている。

 Googleは安全ではないHTTPサイトをコンテンツに関係なくマークするという長期的な計画を持っており、これは第一歩となる。例えば、今後公開されるChromeのバージョンでは、シークレットモード(Incognitoモード)でHTTPページを「Not Secure」と分類することになっている。

 ウェブ管理者が全てのページをHTTPSに移行しなければならない期限は明らかにしていない。

 Googleはこれらの取り組みを進めて、より安全なログイン方法を選ぶようコンシュマーや「G Suite」のユーザーに促していく計画だ。

 HTTPSは、データがエンドユーザーのコンピュータとウェブサイトの間を移動するにあたって一貫性と機密性を保護することを目的に設計されている。ログインの証明書など個人情報や機密情報を保護してくれる。

 通信は、暗号化、データの一貫性、認証を提供するTransport Layer Security(TLS)プロトコルにより保護される。認証部分は、中間者攻撃に対抗し、エンドユーザーの信頼を得られるよう設計されている。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月28日(水)09時19分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。