両手両足の感覚をVR体験にプラス--Cerevoが触感センサ付きVRシューズ&グローブ発表

CNET Japan 2017年01月04日(水)11時45分配信

 Cerevoは1月4日、世界初の触感センサ搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」を開発したと発表した。発売は2017年秋ごろを予定しており、価格は10~15万円程度を想定している。

 Taclimは、左右それぞれに分かれたグローブ部と、靴のように装着するシューズ部がセットになった入出力対応VRデバイス。日本電産<6594>セイミツと協業し、専用にカスタマイズしたタクタイル・デバイスを合計8個(グローブ部1個×2、シューズ部3個×2)搭載するほか、入力用の9軸センサもそれぞれ搭載している。

 VR空間の映像や音声に合わせて、シューズとグローブが触感をフィードバックすることで、両手両足の触覚をVR体験にプラスすることができる。また、タクタイル・デバイスは、振動の種類を自在に変更でき、砂漠や草原、水辺といった触感の違いや、キャラクターが装着している靴の種類による感覚をVR空間で再現可能だ。

 開発環境はUnityプラグインとして提供することで、Taclimを使ったコンテンツを自由に開発できる。触感データについてはいくつかの基本的なサンプルデータを公開するほか、WAV形式のファイルを取り込むことで、独自の触感データの作成も可能だ。

 Taclimは、手軽かつ安価に利用できる「Bluetooth Edition」のほか、大規模な人数や多数の参加者が集まるイベントなど、電波が混雑した環境でも安定して通信できる920MHz帯対応の「Sub-giga Edition」を用意する。

 同製品は、米国ラスベガスで1月3日(現地時間)に開催される「CES Unveiled」ならびに1月5日(現地時間)より開催される「CES 2017」において開発中の実機を展示する。デモ環境として、ゲームメーカーであるジェムドロップがTaclim向けに開発したVRゲーム「Taclim demonstration with Headbutt Factory」を用意。同タイトルはTaclim発売時に無償で提供するとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月04日(水)11時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】