アップル、ソフトバンクの10兆円規模ファンドへの出資計画を認める

CNET Japan 2017年01月05日(木)12時50分配信

 ソフトバンク<9984>が1000億ドルの調達を目指して設立した「ソフトバンク<9984>・ビジョン・ファンド」にAppleが10億ドルを出資する予定だと報じられていた件で、Appleがこれを認めた。同ファンドは、テクノロジ分野への大規模な投資を目的としている。

 Appleの広報担当者はThe Wall Street Journalに対し、「ソフトバンク<9984>の新しいファンドが、Appleにとって戦略的に重要となり得る各種技術の開発を促進すると確信している」と述べた。

 ソフトバンク<9984>は、テクノロジ分野への大規模な投資を対象に同ファンドに少なくとも250億ドルを出資する計画だ。最大450億ドルの出資を検討するサウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)とも協議中だという。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月05日(木)12時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】