ソニー、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1E」を発表--画面から音が出るスピーカレス

CNET Japan 2017年01月05日(木)10時47分配信

 ソニー<6758>は1月5日、米国ラスベガスの「CES 2017」で、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1E」シリーズを発表した。ソニー<6758>初の4K有機ELテレビになる。

 A1Eシリーズは、液晶テレビ「BRAVIA」のフラッグシップモデル「Z9D」シリーズにも搭載されている4K HDRプロセッサ「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム<6033>)」を搭載。自発光デバイスである有機ELパネルの特長を最大限に引き出すことで、深い黒や明るさの表現ができるとしている。

 ディスプレイを振動させることでテレビの画面から音が直接出力される、独自の「アコースティックサーフェス」により、スピーカレスを実現。視野角の広い有機ELパネルと、音像と画像が一体化する「アコースティックサーフェス」の組み合わせで、スペースを限定せず、視聴できるとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月05日(木)10時47分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。