オンキヨー&パイオニア、ハイレゾスマホをCESで披露--Alexa対応スピーカも

CNET Japan 2017年01月06日(金)12時22分配信

 オンキヨー<6628>&パイオニアイノベーションズは、CES 2017でAmazonの「Alexa Voice Service」に対応したスマートスピーカやハイレゾ対応スマートフォン、小型のハイレゾプレーヤーなどを参考出品している。

 オンキヨーブランドからはスマートスピーカ、ハイレゾ対応スマートフォン、ハイレゾプレーヤーの3機種を出展した。「Alexa Voice Service」に対応したスマートスピーカ「VC-FLX1」は、フルレンジスピーカユニットのほか、モーションセンサを内蔵したウェブカメラや温度、湿度センサを搭載。Alexa Voice Serviceを搭載することで、自身の声で音楽再生やスマートホームの制御ができる。

 ハイレゾ対応スマートフォンは、ツインDACによるバランス駆動で、FLAC、WAV、DSD、MQAの再生が可能。ハイレゾ音源だけでなく、CDリッピング音源や圧縮音源、ストリーミング音源も高音質化できるとしている。

 5インチの液晶タッチモニタとmicro SDカードスロット、1600万画素のリアカメラ、800万画素のフロントカメラを装備。デュアルSIMスロットも備える。開発にあたっては富士通<6702>コネクテッドテクノロジーズの協力を得ているとのこと。

 ハイレゾプレーヤーは、ツインDACによるバランス駆動で、2.4インチの液晶タッチパネルを搭載した小型モデル。FLAC、WAV、DSD、MQAの再生に対応する。デュアルmicro SDカードスロットを含め、最大416Gバイトの大容量に対応。Bluetooth、Wi-Fiも備える。

 パイオニアブランドからも、2.4インチの液晶タッチパネルを備えた小型ハイレゾプレーヤーが発表された。ツインDACによるバランス駆動で、FLAC、WAV、DSD、MQAの再生が可能。デュアルmicro SDカードスロットを含め、最大416Gバイトの大容量に対応する。

 いずれのモデルも、導入地域、価格、発売予定時期については現在検討中としている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月06日(金)12時22分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。