Razerの3画面モンスターノートPCがCESの会場で盗まれる--犯人には2.5万ドルの懸賞金

CNET Japan 01月10日(火)20時48分配信

 ゲーミングPCやゲーム用アクセサリで絶大な人気を誇るRazer。同社が1月5日に発表したノートPCのプロトタイプ機がCESの会場で盗難にあったと、同社CEOのミン-リャン・タン氏がFacebook上で公表した。

 このプロトタイプ機は、17.3インチの4K液晶パネル(IGZO)を3枚搭載したモンスターノートPC「Project Valerie」と呼ばれるもので、2台の試作機が盗まれたという。Project Valerie は、通常のノートPCと同じフットプリントながら、3枚の液晶パネルが重なるように収納されており、使用時は電動でディスプレイが左右に展開。ノートPCながらトータル12Kのサラウンドスクリーンを実現する。

 GPUにはGeForce GTX 1080を搭載し、「NVIDIA Surround View」をネイティブでサポート。 11520×2160ピクセル<2743>という広大な解像度を生かし、ゲームのほか映像編集といったクリエイティブユースでの有用性もアピールしている。



 タン氏によると、CES最終日の1月8日午後4時ごろにRazerのプレスルームから本体が持ち出されたとしており、容疑者の身元確認や逮捕につながるような情報に対し、報酬として2万5000ドルを支払うとしている。

 同氏は、産業スパイの可能性も指摘している。もしそうであれば、フェアプレーを心掛けているRazerとしてチート行為は許されるべきではないと強く批判している。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月10日(火)20時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】