2020年を見据えて、スポーツ動画ビジネスは何を目指すのか--朝日新聞らが議論

CNET Japan 2017年07月15日(土)11時23分配信

 ブライトコーブは7月14日、動画ビジネスや動画マーケティングに関するさまざまなテーマを議論するカンファレンスイベント「Brightcove PLAY 2017 Tokyo」を開催した。

 「今年も注目!スポーツ動画ビジネスのチャレンジ」と題したパネルディスカッションには、ワイズ・スポーツの代表取締役社長である小林貴樹氏、朝日新聞社 総合プロデュース室のプロデューサーである三橋有斗氏、社団法人リコネクトテレビジョンの代表理事である須澤壮太氏が登壇し、スポーツ中継の動画配信ビジネスをめぐる可能性や課題についてディスカッションした。

インターネットならではの、スポーツ中継の在り方を考える

 このセッションに登壇した3社は、それぞれ異なる形でネットスポーツ中継のサービスを展開している。ワイズ・スポーツは「SportNavi」や「SportsNavi Live」を通じてプロ野球をはじめとする人気スポーツの試合ダイジェスト動画やライブ中継の配信を実施。朝日新聞社は、ABC朝日放送<9405>(大阪)と協業して高校野球を中継配信しているほか、全試合を網羅する無料サービス「バーチャル高校野球」を2015年から展開。リコネクトテレビジョンは、普段はテレビ中継されることの少ないマイナースポーツにフォーカスを当て、スポーツの発展を目指す動画配信サービスを展開している。

 今シーズンからJリーグの試合中継を開始したDAZN(ダゾーン)の市場参入や2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けたスポーツ市場の盛り上がりなど、スポーツの動画中継を巡る市場動向は明るいように感じられる。では実際、こうしたサービスの運営を通じて、各社はどのような手ごたえや課題を感じているのだろうか。まずは、スポーツのネットライブ中継の可能性について意見が交わされた。

 ワイズ・スポーツの小林氏が指摘したのは、“ネットスポーツ中継ならではの価値はどこにあるのか”という命題だ。小林氏は有料サービスであるSportsNavi Liveについて「事業の規模感からすると、苦戦しているのは事実」と述べた上で、ネット配信の視聴スタイルで最も多いのが「一人で、家で観る」という現状を指摘。「私たちがネットスポーツ中継に参入したときは、もっとスマートフォンで(屋外や移動中に)観るというスタイルを構想していたが、実際には“一人で、家で”というところに留まっているという点が大きな課題だ。もっとインターネットらしいスポーツ中継の楽しみ方を提案していかなければならない」(小林氏)。

 この“インターネットらしい楽しみ方”という点について、朝日新聞社の三橋氏が挙げたのはテレビ中継のような番組の枠組みにとらわれず、テレビでは全国放送されることの少ない地方大会の中継や情報を届けることができる網羅性だ。「たとえば、沖縄の地方大会は地元ではテレビ放送されるかもしれないが、東京などでは触れる機会がなかった。『バーチャル高校野球』を通じて、今までなかなか観ることができなかった試合を観られるようになったのは、“インターネットならでは”」と三橋氏は話す。同氏によると、バーチャル高校野球ではピッチャーの目線やバッターの目線など、4つの視点の映像を視聴者が切り替えながら視聴できるそうで、こうした点も“インターネットならでは”の楽しみ方だと言えるだろう。

 テレビ放送では観ることができないスポーツ中継を届けることができるという利点については、リコネクトテレビジョンの須澤氏も同調した。リコネクトテレビジョンは日本ではなかなかテレビ中継されることの少ないアメリカンフットボールに特化した「アメフトライブ by rtv」を展開し、関西学生アメリカンフットボールリーグの試合を全試合中継しているのだという。

 須澤氏は「視聴者からの反響は、そもそもテレビ中継されることのなかった試合が観られることへの喜びが大きい。今までコンテンツになっていなかったものをコンテンツ化できるところに、インターネットならではの利点があるのではないか」と語り、ニッチなコンテンツをファンに届けられることがネットスポーツ中継のメリットであるという認識を示した。

 加えて、三橋氏と須澤氏はTwitterやFacebookなどのSNSを活用したリアルタイムな情報の拡散や感情の共有をネットスポーツ中継の利点のひとつに挙げている。この点について小林氏は「ネットスポーツ中継が(他のネットサービスと連携して)いかにネットサービスの中で孤立しないかを考えることが重要ではないか」と指摘した。

“テレビ中継と同じ”では、ネットスポーツ中継に価値は生まれない

 続けて小林氏は、“いつでもどこでも”というネットスポーツ中継にありがちなセールスポイントについて、「“いつでもどこでもテレビと同じものが視聴できる”というだけでは価値はないのではないか。オフィスの休憩時間や移動中などのスキマ時間にどのような価値が提供できるかが重要であり、ニアライブ(試合途中)のハイライト動画、試合経過がすぐにわかるサマリーといったインスタントなコンテンツの提供や、気になった選手の情報などを深堀できる世界を作っていくという方向性は必要なのではないか」と、ネットスポーツ中継の在り方を提言した。

 「映画やドラマなどの動画コンテンツに対して、スポーツ中継は動画の賞味期限が圧倒的に短いという点に課題がある。その課題にインターネットの力でどう立ち向かうかが大きなテーマであり、動画だけでなく試合のスタッツや記事など動画コンテンツを補うさまざまな周辺コンテンツをも充実させることで、視聴者を回遊させることが重要なのではないか」(小林氏)。

 小林氏が指摘するように、動画だけでなくデータで試合を把握することができるスタッツを提供することは、ネットスポーツ中継にとって大きな可能性を秘めている。こうした提言に対して三橋氏は、「動画中継を展開する前から、地方大会の全球場にスタッフを配置してイニングスコアの速報を届けるという取り組みを15年ほど行っている。そこで生まれた試合データを蓄積し、学校ごとに過去の戦績を振り返ることができるようにしている」と同社の取り組みを紹介した。

 また、バーチャル高校野球ではライブ中継に加えて、試合途中のハイライト動画、試合後のダイジェスト動画、注目プレーのスローモーション動画などコンテンツを多角的に展開しており、さまざまな形で視聴者の好奇心に応えることができる点が、ネットスポーツ中継にとって大きなストロングポイントであると言えるだろう。

収益を生み出すために、ネットスポーツ中継は何を目指すべきか

 続いてディスカッションのテーマになったのは、ビジネスモデルの話題だ。ネットスポーツ中継のサービスには、広告モデルを収益源として無料で提供しているものと、視聴者にサービス利用料金を課金して有料で提供しているものがある。どちらがビジネスモデルとして適切かというテーマに、答えはまだ出ていない。しかし、3名の登壇者から語られた意見から示唆されるのは、ネットスポーツ中継のビジネスモデルは“有料か/無料か”という単純なものではないということだ。

 SportsNavi Liveで月額課金型の有料サービスを展開している小林氏は、「無料のテレビでスポーツ中継を観てきた従来の文化を転換するのは簡単なことではない。市場はまだ追いついてきていない」とした上で、有料・無料の二者選択ではなく、ある部分は無料で提供し、ある部分は有料で収益を得るという“ハイブリッド”のバランスをどのように作るかが重要だという認識を示した。

 「ネットスポーツ中継には配信コストをどう回収するかという課題があるが、そもそもスポーツが持っている資産価値が(サービスによって)高まっているかということを、もっと意識しなければならない。サービスを通じて競技のファンが何人増えて、その人がどれくらいサービスを利用してくれるのか。それを“有料では無理”、“無料ではサービスを維持できない”という二極で議論するのではなく、いかにして両者のベストバランスを作るかを考えなくてはならない」(小林氏)。

 一方、朝日新聞のバーチャル高校野球は無料で中継を視聴できるモデルだが、それでサービスは永続的に提供できるのか。三橋氏は「無料で提供していくことに限界はあるのではないかとは感じている。他の配信事業者に制作するコンテンツを提供したら収益になるのではないかと感じることもある。しかし、来年100回大会を迎える高校野球を第1回から支援してきた立場からすると、多くの方に簡単に視聴してもらえる環境を維持していくことが、高校野球の未来にとって重要なのではないか」と語る。

 今後も無料での提供は続けていく予定で、高校野球に気軽に触れられる機会を提供し続けることを通じて、高校野球そのものの支援をしていきたい考えだ。ちなみにハイブリッドのビジネスモデルという点では、過去の大会のアーカイブ視聴は有料で展開しているのだという。

 そして、視聴者人口が人気スポーツほど確保できないマイナースポーツにとっても、サービスを維持するための収益モデルは大きな課題だ。須澤氏はビジネスモデルについて、「私たちにとって中継配信の最も大きな意義は、そのスポーツを知ってもらいコアなファンを生みだすということ。そして、そのコアなファンに競技のDVDを買ってもらったり、ニュースの素材としてテレビ局にコンテンツを販売したりといったコンテンツの二次活用で収益化することを考えている」と説明。加えて、サービスで生み出された新たなファンが実際に会場まで試合を観に行くところまで繋げなければ競技そのものが衰退するという認識を示し、「無料と有料のハイブリッドによって、ファンを顕在化して試合に来ていただくという好循環を作っていきたい」と述べた。

 こうした話を受けて、小林氏は「ハイブリッドの試行錯誤や工夫はどんどんしていくべきだ。たとえば、SportsNavi Liveはプロ野球・福岡ソフトバンクホークスのファンクラブ特典に組み込まれているが、スポーツのコアなファンの方は、応援するチームを支えるために相当な支出をしていただいているという実態がある。そうしたスポーツを巡るエコシステムの中で映像配信サービスだけが孤立しないことを意識しなければならないのではないか。競技団体も、ファンを増やすために複合的なビジネスモデルをどんどん推進すべきであり、私たちはそうした競技団体のためのプラットフォーマーであるべきだ」とまとめた。

“2021年以降に何が起きるのか”を見据えて、いますべきことは

 スポーツを巡っては、2019年のラグビーワールドカップ開催、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催、2021年のワールドマスターズゲームズ関西の開催と大きな国際大会の日本開催が続き、明るい話題が多い。では、こうしたスポーツの大きな盛り上がりの中でネットスポーツ中継はこれからどうなっていくのだろうか。

 小林氏は「広告モデルにとっては追い風になるだろう。SportsNaviに対する広告主からの問い合わせもどんどん増えているのが現状だ。また日本を代表する企業がオリンピックのスポンサーになり、メジャーなスポーツだけでなくパラスポーツやマイナースポーツにも名だたる企業がスポンサーに入っている。広告ビジネスという面では、2020年までは非常に好調だろう」と語り、広告という観点から盛り上がりを実感しているようだ。しかし小林氏は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックが終了した後のスポーツの世界に大きな不安があると指摘する。

 「2020年までの盛り上がりに安心していては、2021年に大きな不況が待っているのではないか。いわば今は“バブル”の状態であり、2020年までに残された期間の中で、スポーツの本質的な価値をもっと高めていなければならない。今は決して安心できるような状況ではなく、競技団体も口をそろえて“2021年以降が心配だ”と不安を語っている。ネットスポーツ中継はまだ始まったばかりであり、サービスの在り方やビジネスモデルをもっと磨いて2021年以降に備えなければならないのではないか」(小林氏)。

 一方で高校野球を巡っては、来年に第100回大会を迎え、また野球が東京大会からオリンピックの公式種目に復活したことで、これから注目はますます高まっていくことが予想される。そうした中で三橋氏が語ったのは、サービスの継続性を担保するための課題だ。

 三橋氏は「無料の広告モデルを展開している中で、“2020年までは何とかなるだろう”という手ごたえはあるものの、ネットスポーツ中継はインフラコストや制作コストが高く、それを回収してプラスに転じるためにどのような協業ができるのかを模索していかなければならない。2020年以降に大きな谷がやってきたとしても、そのインパクトを分散できる仕組みが作っていければ収益を出せるのではないか」と語り、ビジネスモデルやサービスのコスト構造をブラッシュアップしていく意向を示した。「高校生がいる限り、高校野球はなくならない。次の100年に向けてどうすれば高校野球が支持され続けるかを考えながら、動画ビジネスに取り組んでいきたい」(三橋氏)。

 そして、まさに2020年に向けてマイナースポーツにもスポットライトが当たろうとしている中において、須澤氏は「今できることは、多くのファンを顕在化させて基盤を作ること。そしてマネタイズの課題は避けて通ることはできない」とコメント。また、注目や人気が高まることでスポーツ競技の放送権料が高騰する可能性がある点について語り、「権利が高騰すると制作のクオリティもテレビ中継並みに高めなければならないという課題が出てくるのではないか。視聴者の目が肥えてくると、求められる制作のレベルも高くなる。ネットならではのコンテンツ制作の方法を追求していくことも重要なのではないか」と提言した。

 スポーツの競技団体も、ネットスポーツ中継に携わる事業者も2021年以降を見据えてスポーツそのものの価値を高めるための挑戦を、これからの短い時間の中でしていかなければならないという認識で3名は一致した。こうした話を受けて、小林氏は「どうしても課題ばかりが出てくるが、関わっている人たちは“何としても(ネットスポーツ中継のビジネスを成功させたい)”という思いを持って取り組んでいる。これからどんどんスポーツの価値を高めていくために議論をさらに深め、課題を解決するためにネットスポーツ中継に携わる人々が事業者の壁を越えて力を結集していければ」とまとめた。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)11時23分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。