次期iPhoneまであと一カ月か?好決算の発表で強気の予測も--Appleニュース一気読み

CNET Japan 2017年08月11日(金)11時30分配信

 8月1日〜8月7日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

 Appleは米国時間8月1日に、2017年第3四半期決算を発表した。売上高は前年同期比7%増、1株あたりの利益は大幅に上昇し、前年同期比17%増を記録した。

 今回の決算のハイライトは、iPhoneの販売が新モデル発表直前にもかかわらず上向いたこと、そしてiPadの販売台数が上昇に転じたことの2点だ。サービス部門の好調さも堅持している点は、ここ数年変わらない傾向だ。

 iPhoneは4100万台を販売し、アナリストの予測を上回る結果となった。Appleの売上高のうち55%から69%を占めるiPhoneの販売が好調であることは、投資家にとって好材料となる。特に第3四半期は例年、新モデル前で販売が低迷する時期で、2017年に入ってからiPhoneの販売台数が前年同期比割れの場面も見られていたことから、安心感が広がったのではないか、と考えられる。

 ただ、平均販売価格はアナリストの予想を下回る606ドル程度に留まった。これは、2017年3月に記憶容量を倍増したiPhone SEなどの廉価モデルが米国や欧州、そしてアジア太平洋地域で人気を博しているからかもしれない。

 またiPadは13四半期ぶりの上昇に転じ、1140万台を販売。前年同期比15%増となった。売上高は前年同期比2%増であったことから、iPad Proなどの高付加価値モデルではなく、2017年3月に発売した329ドルの第5世代iPadが立役者になっていることがわかる。

アップル、次期「iPhone」発表前でも決算好調--「iPad」ついに回復(8/2)

次期iPhoneに関する情報は?

 例年通りであれば、9月後半の金曜日に新型iPhoneを発売し、1週間ほどの販売が第4四半期決算に含まれるようにするはずだ。その場合、2017年の発売日は9月22日金曜日となり、その前週9月15日から予約が始まる、と予測できる。となると、iPhoneの発表は15日の週の前半となるだろう。語呂合わせとしてはiPhone 8にちなんで9月8日がいいかもしれない。

 そんなiPhone 8については、新たなファクターが追加されるという。ワイヤレス充電やホームボタンの廃止、有機ELディスプレイによる非常に狭い額縁の実現、3D顔面認証などが盛りこまれることが期待できる。一方で、それまでお気に入りだったiPhoneの要素が失われる可能性もあるかもしれない。

 また、iPhoneとともにリリースされる他の製品としてApple Watch Series 3についても期待が集まる。次の発展は単体でのLTE通信であり、この点はAndroid Wearではすでに2016年のバージョンでサポートしているものだ。

次期「iPhone」は顔認証に対応?--「HomePod」のファームウェアから推察(8/1)
「iPhone 8」、発売前の予約は果たして賢い選択か?(8/7)
LTE通信対応「Apple Watch」、2017年内にリリースか(8/7)
アップル、ARメガネのプロトタイプを複数実験中?リリースはまだ先か(8/7)

中国対策は素早く積極的に

 Appleは7月に、中国市場を担当する副社長のポストを新設し、またデータセンターを中国国内に置くなど、中国市場との対話、当局の動向に対して、非常に敏感に察知し、また素早く対策を取っている。これもスーパーサイクルと指摘されるiPhone 8の発売をスムーズに迎え、業績の山を作るための努力にほかならない。

 その一方でAppleに対しては、特に中国のサイバーセキュリティに関して、「検閲強化」に加担しているとの声も聞かれるようになってきた。中国国内のデータセンター設置や、Appleが先週行ったVPNアプリの削除は、中国のネット検閲を助けているという見方をせざるを得ない。

 これに対して2017年第3四半期決算でTim Cook CEOが説明をし、事業を展開している国の法律に従う、との基本的な考え方を述べた。ただ、アプリの削除は本意ではない点、そして将来制限が緩和されることに期待する点にも言及した。

アップルの中国でのVPNアプリ削除、クックCEOが説明(8/2)

その他

アップル、画面の視野角を狭めてプライバシーを保護する技術を特許出願(8/4)
CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)11時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】