「iPhone X」デモでの「Face ID」の動作は設計通り?

CNET Japan 2017年09月15日(金)11時07分配信

 Appleが米国時間9月12日に「iPhone X」を代表する機能の1つである「Face ID」を披露したとき、不具合が生じたようにも見えたという。

 ソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのCraig Federighi氏は、顔認証機能を披露するために予備の端末を使用しなければならず、それを見た多くの人が、デモが失敗したと思ったかもしれない。

 しかしAppleによると、実際には「Face IDは設計どおりに機能した」という。

 Federighi氏が、自分の顔でiPhone Xのロックを解除しようとして2度失敗し、「予備端末に切り替えよう」と口にした瞬間を、誰もが目撃した。

 Appleは米Yahooに対し、次のように説明した。「壇上でのデモに向けて事前に端末を操作していた人がおり、その人たちはFace IDが顔認証を試みていることに気付いていなかった。準備をした人がCraigではなかったために何度か認証に失敗した後、『iPhone』はパスコードの入力を求めるという設計どおりの動作を示した」

 つまり、イベントの進行が計画どおりではなく、おそらくリハーサルどおりでもなかったことは明らかだが、Face IDがセキュリティ機能として適切に動作しなかったということではない。湿った指で何度も「Touch ID」を試そうとすると、PINを入力するように端末に求められることがあるが、Federighi氏に起きたのは、Face IDのそれに相当する機能である。

 それは、端末にアクセスしようとしているのが不正な人物でないかどうかを確認するための手段だ。セキュリティとして素晴らしい機能だが、次のような疑問が浮かぶ。つまり、端末が常に人々の顔を確認しようとするならば、Federighi氏が壇上で経験したのと同じ問題がユーザーをも悩ますことにはならないだろうか。その答えがわかるのは、iPhone Xを手に入れてからになりそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)11時07分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。