Polaroidブランドのインスタントカメラ「OneStep 2」--元祖ポラロイドが復活

CNET Japan 2017年09月16日(土)09時00分配信

 インスタント写真の代名詞である「ポラロイド(Polaroid)」は、もともと米Polaroid社のブランドだ。今やオリジナルのポラロイドカメラは存在しないものの、最近もポラロイド風インスタントカメラ「Lomo'Instant Automat」が登場するなど、ポラロイド人気は根強い。

 そんなPolaroidファンなら狂喜乱舞しそうなニュースが飛び込んできた。ドイツ企業のPolaroid Originalsが、Polaroidブランドのインスタントカメラ「OneStep 2」を発売したのだ。現在は購入予約の受付中で、10月16日より出荷する予定。価格は119.99ユーロ。

 Polaroid Originalsは、Polaroid製カメラ用のインスタントフィルムを供給し続ける目的で活動してきた取り組み「Impossible Project」に端を発する企業。2017年5月にPolaroidのブランドおよび知的財産の権利を取得し、社名をPolaroid Originalsに変えるとともに、OneStep 2の発売を実現させた。

 OneStep 2は、1997年にPolaroidから発売された「OneStep」のデザインを踏襲。シンプルな操作性はそのままに、最新の技術を組み合わせたそうだ。

 レンズの焦点距離は106mmで、0.6mから無限遠に合焦する固定焦点タイプ。フラッシュとセルフタイマーを搭載している。電源は容量1100mAhの内蔵リチウムイオン電池で、フル充電すると60日間使えるという。対応フィルムは、「600 Film」(18.99ユーロから)と「i-Type Film」(15.99ユーロから)。

 OneStep 2のサイズは150×110×95mm、本体のみの重さは460g。ボディカラーは「White」「Graphite」の2種類。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月16日(土)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。