単純作業をデジタルロボに頼めるクラウドRPA「BizteX cobit」が正式公開

CNET Japan 2017年11月14日(火)12時38分配信

 BizteXは11月14日、企業の定型業務を自動化するクラウドRPA(Robotic Process Automation)「BizteX cobit」の正式版を、11月15日より法人向けに提供すると発表した。

 BizteX cobitは、面倒な情報収集やヒューマンエラーが起こりやすい入力業務を、ロボットに代行させることで自動化できるサービス。たとえば、人材紹介のため企業の求人ページを毎日巡回してチェックし、求人広告掲載のために住所情報調査をさせたり、製品価格を変更するために毎日競合店舗の価格情報を取得・比較するといったことに利用できるという。

 プログラミングをすることなく、「タイマー予約」「変更点の検出」「csv,xlsのインポートとエクスポート」「テキストの取得・入力」「繰り返し処理」などの機能を組み合わせて、高性能なロボットを簡単に作成できることも特徴だ。

 同社では、7月20日よりクローズドベータ版を提供。金融、製造、流通小売、人材紹介、広告代理店、インターネットサービスなど、幅広い業種の企業から問い合わせがあり、トライアルアカウント数は100件以上、作成されたロボット数は1000体以上、実行された業務シナリオ数は2万2000回以上におよぶという。また、多くの利用者から有料契約の意志を確認したことから、正式版リリースに至ったとしている。

 今後は、さらなる機能追加に加えて、画像認識や音声認識との連携を予定しているほか、2018年の春を目処にパートナープログラムも構築する予定。同プログラムは、コンサルティングパートナー、インプリメンテーションパートナー、ディストリビューションパートナーなどを検討しているという。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)12時38分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。